家族葬・葬儀(葬祭)のメモリアルハウスラビュー 藤枝市・焼津市・島田市・静岡市

家族葬のラビュー

0120-033-444(24時間年中無休お問い合わせ)

家族葬のラビュー

週刊ダイヤモンド 葬儀社満足度ランキング 静岡県 第1位

お葬式の豆知識

なぜ香典返しは、お茶なのか?

香典返しの品物は、昔から『お茶』をお選びになる方が多いですが最近ではお茶以外の調味料やコーヒーなどの品を贈る方も見受けられるようになりました。 

しかし、まだ多くの方が香典返しに『お茶』をお選びになっています。 

何故、香典返しにお茶を贈るのか。 

理由は様々ではありますが、ここに4つの『言い伝え』を挙げさせて戴きます。

 

1.仏教の教えと共に 

鎌倉時代に栄西禅師がお茶の種子と一緒に、飲み方、栽培法などを 中国から持ち帰り 広めたといわれています。そこから仏様にお茶を供える寺院の習慣が一般にも広まり、お茶=仏教というイメージが定着したため、「仏事にはお茶」という習慣ができました。お茶により煩悩を払い、神仏の力を借りて忌を払う意味からもお茶を贈るようになりました。

 

2.寂しくないように 

香典返しのお茶はいわゆる『消耗品』です。毎日使い、形が残らない品のほうが故人を思い出さず寂しくならないと言う理由から、使って無くなるものを贈る風習が、お茶を香典返しに用いたと言われています。また、お茶を飲みながら故人を偲ぶことからも香典返しにお茶を贈ると言われています。

 

3.故人とお別れする 

お茶の木は昔から、土地の境界線に植えられる事が多く、『お茶の木を超えたらよその土地』という目印になっていたそうです。仲良くなりたい人や異性を「お茶に誘う」、仲良くなった人の事を「茶飲み友達」という言葉にも言われているとおり、お茶=ある一線を意味する事もあります。お茶で、「この世とあの世との間に境界を設け、故人とお別れする。」と言う意味から用いられるようになりました。

4.失業対策!? 

明治維新によって、江戸の旗本たちの多くは、静岡に引き揚げることになり、彼らの失業対策として、名産品であるお茶の栽培が奨励されました。すると、お茶の生産量が一気に増加し、消費を増やすために香典返しに使われるようになったと言われています。

色々な言い伝えがありますが、様々な理由から香典返しには「お茶」が用いられています。どの時代も、故人様を想う気持ちは大切にされていたようです。 

お問い合わせはこちら

ラビュー倶楽部の入会金が1,000円!

お葬式のご相談はこちら 資料請求はこちら ご依頼・ご相談・お見積もり 0120-033-444 静岡県外の方はこちらへお電話ください 054-637-2002 供花

ご依頼・無料相談・資料請求はフリーダイヤル0120-033-444までお問い合わせください。
365日24時間、携帯からもつながります。

PAGE TOP
0120-033-444(24時間年中無休お問い合わせ) 0120-033-444(24時間年中無休お問い合わせ)