WEB資料請求で葬儀費用5,000円(税込)割引券進呈!

お葬式の豆知識

喪主の決め方・喪主のすべきことについて

喪主の決め方・喪主のすること

喪主と施主の違いは?

葬儀では「喪主」と「施主」という似たような言葉を聞くことがあるかと思いますが、その違いについては意外と知られていないようです。施行を行う際には、喪主を決めることが必ず必要です。喪主の仕事は、遺族を代表して葬儀全般を取り仕切ることです。具体的には葬儀社との打ち合わせや参列者への対応、出棺の挨拶など、実務的な事の代表者と言えるでしょう。

 

一方「施主」というのは主に葬儀の費用を負担し金銭的な面での代表者と言えます。一般的な葬儀の場合、喪主と施主が兼任することが殆どです。しかし、社葬などの場合は、異なる場合があるため「喪主」と「施主」の言葉の違いが生れました。

 

喪主は誰が務めるべき?

結論からいうと、喪主は誰が務めても構いません。慣習に従う場合、血縁者が喪主を務めることが一般的です。また、故人様がエンディングノートや遺言で喪主を指名している場合には、その希望を優先するのがよいでしょう。しかし、法的な拘束力などはないため、やむを得ない事情がある場合は、他の人が喪主を務めても問題はありません。

 

故人様がエンディングノートや遺言で喪主を指名していなかった場合は、故人の配偶者が務めることが一般的です。しかし、配偶者が既に亡くなっている場合や、病気や高齢などにより、喪主を務めるのが困難な場合には、血縁関係の近い方が務めるとよいでしょう。

 

優先順位として、故人の長男、次男以降の直系の男性、長女、長女以降の直系の女性、故人の両親、故人の兄弟姉妹となります。また、故人に血縁関係のある方がいない場合は、友人や知人が務めても問題はありません。

 

喪主は、葬儀の手配・準備を行い、参列者へ気を配らなければなりません。少なからず大変なこともありますので、体力がある方が務めることをお勧めします。また、できるだけ負担をなくすために、静岡の中でも良い葬儀社を選びましょう。

 

喪主の挨拶について

喪主の大きな仕事の一つとして、遺族代表として喪主が挨拶をしなければなりません。挨拶するタイミングとしては、・お通夜の読経の後です。ここでは主にお悔やみに来ていただいた事へのお礼の言葉をお伝えしましょう。

 

一般的な挨拶の内容は

 

・参列していただいた事へのお礼

・故人が生前お世話になった事へのお礼

・故人のエピソード

・今後の遺族への力添えのお願い

 

となります。1分~3分程度を目安にして、長くなり過ぎないようにまとめましょう。「たびたび」や「重ね重ね」といった重ね言葉を使わないように気を付けましょう。また、挨拶の内容については事前に葬儀社のスタッフと相談をすることによって、スムーズに執り行うことが出来ます。

 

葬儀のことでお困りごとがあれば

静岡市で葬儀についてお困りごとがあれば家族葬のラビューにお問い合わせください。

私たちは、年間1200件以上の実績がある家族葬専門葬儀社です。葬儀のお悩み・事前の準備で分からないことがあればプロのスタッフが対応いたします。

 

仮会員制度   ラビューの事前相談