WEB資料請求で葬儀費用5,000円(税込)割引券進呈!

お葬式の豆知識

焼津市において家族だけで送るお葬式について

焼津市において家族だけで送るお葬式について

家族や親族、親しい友人・知人を中心に、小規模で行う葬儀形式のことを家族葬といいます。故人様と生前に深い関わりのあった方とお別れを共有することで、充実した時間を過ごすことができます。「家族葬」には、はっきりとした定義はありませんが、参列人数は1~30名程度で、一般的な葬儀と同様にご僧侶をお呼びすることが多いです。

密葬と家族葬の違いは?

よく密葬と家族葬の違いについてご質問されることがありますが、以下のような違いがあります。 密葬には、親しい間柄の方と故人様がゆっくりとお別れする機会を葬儀とは別に設けることが一般的です。つまり、後日改めて、大勢の方を招く葬儀を行うことがあります。対して、家族葬は親族だけの葬儀を1度だけ行う葬儀のことを指します。

家族葬のメリットとは?

 

費用・身体的な面から負担が少ない

少人数で行う葬儀ですので、必要な式場のスペースも小さくて済みます。そのため、式場利用料も一般葬に比べて安く済む傾向にあります。また、2020年から続くコロナウイルス感染拡大の防止策として家族葬を選ぶ方も多くいらっしゃいます。
 

精神的な負担が軽くなる

一般葬を行った場合、大切な方を亡くしたにもかかわらず、一般の参列者に対して気を遣ったり、挨拶をしたりしなければなりません。家族葬を行えば、挨拶など一般参列者への対応で時間を取られないので、故人様と最後の時間をゆっくりと過ごすことが出来ます。
 

料理や返礼品の自由度が高い

大勢の方を招く一般葬では、料理や返礼品の準備を葬儀社に依頼するのが一般的です。しかし、家族葬であればおもてなしをする人数が少ないため、行きつけのお店で会食をされても問題ありません。

家族葬を行う上で注意すべきこと

 

どこまでを親族とするか

家族葬を行う時に一番トラブルになりやすいのが、呼ばれなかった親族によるものです。どこまでを親族として葬儀に参列してもらうのかを明確にしていないことが少なくありません。そのため、生前に聞いておくか、親族としっかり話し合っておくことが大切です。

 

遺族の配慮と周囲の理解が大切

家族葬でのトラブルを避けるためには、細心の注意を払って葬儀に参列しない親族や故人様の交友関係に配慮しましょう。葬儀を行う前に、故人様の意志で家族葬を選ぶことを伝えて、理解してもらうことが大切です。また、葬儀とは別に故人様を偲ぶ会を行うのも1つの方法となっています。

 

迷ったら葬儀社へ相談しましょう

葬儀を行うにあたり、もっとも気になることの一つが葬儀費用です。それは家族葬であっても同様ですが、葬儀費用の内訳を明確にした見積もりを提示しない葬儀社もあります。

葬儀に必要な項目をしっかり押さえ、お客様のご希望にそったご葬儀をお手伝いいたします。焼津市で葬儀・家族葬を執り行いたいとお考えであれば、24時間365日ご相談を受け付けておりますので、ぜひ一度お問合せください。
 
仮会員制度   ラビューの事前相談

 

事前相談の際には、以下の点に注意しましょう

 

費用を必ず確認しましょう。

費用の相談をする際にその中に何の費用が含まれているのかを相談することが大切です。それ以外にも、追加になる可能性が高いものも聞いてきましょう。自分の希望する人数を呼んだ場合、どのくらいの費用になるのかなども詳しく聞いておくと後からトラブルになりません。

追加費用は何を追加するのか、その際のおおよその費用はどうなるのかが重要です。プランだけに注目してしまいますが、プランに含まれない項目についても聞き、費用は総額を念頭に置いておきましょう。

自分自身の相談であっても亡くなった場合は遺族となるご家族に任せますので、自分だけではなくご家族も一緒に相談しに行くことがおすすめです。費用面など詳細まで決めることによって、家族間のトラブルも避けることができるでしょう。
 

近くの葬儀社のスタッフの対応や雰囲気を確認しましょう

他にも、事前相談では対面での相談も可能ですので、葬儀社スタッフの対応の仕方や雰囲気も一緒に確認できます。ホームページやパンフレットでは、希望に合うようなことが記載されていても、実際に相談してみたら思っていたものと違うということもあるかもしれません。

葬儀に関してお困りごとがある方は家族葬のラビューへ

もしもご遺体の搬送手配から安置、葬儀の手配で困ったときは、ぜひ、家族葬のラビューまでご相談ください。昼夜を問わず、専任のスタッフが必要なことをサポートさせていただきます。

また、事前相談にて会館の見学や資料のお渡し等を無料で承っております。生前に入会いただくと葬儀費用を割引させていただける会員制度のご案内等も行わせていただきますので、是非お気軽に下記のボタンからお問い合わせくださいませ。

 

ラビューの事前相談

  • 危篤状態とは?
  • 「危篤」とは、いつ亡くなってもおかしくない状態のことを指します。危篤状態であるとの連絡を受けてから何日も続くことがあれば、数時間で回復することもあります。これは、病状や年齢、投与している薬の種類によって危篤状態から回復することもあるため、どのくらい危篤状態が続くのかは誰にも予想ができません。
  • 危篤状態の時すべきこととは?
  • 万が一のために葬儀社へ連絡をしましょう。また、トラブルを避けるためにも必ず家族や親族に連絡をしましょう