...

WEB資料請求で葬儀費用5,000割引券進呈!

お葬式の豆知識

新型コロナウイルス感染拡大の影響でお葬式は行えるのか?静岡の葬儀対応について

葬儀の際に焼香をあげている参列者

■静岡県での葬儀の形態の変化

 

静岡県でも浜松市、静岡市を中心としてコロナウイルス感染者が多くなっています。いまだ終息する気配もない新型コロナウイルスですが、今後寒い時期を迎えるにあたって益々感染拡大が懸念されています。静岡県内でも他都道府県同様、葬儀形態が徐々に変化しつつあるのです。一般葬よりも家族葬や一日葬などといった小規模葬を推奨しているケースが多くなっています。

 

■静岡の葬儀社の対応について

 

コロナウイルスの影響によって、大規模な葬儀はほぼ行われていませんが、親族が逝去された場合はやはり葬儀を行わなければなりません。感染拡大の影響で少人数で行うにあたっても遠方から訪れる親族・参拝客もいらっしゃるので、静岡県内の各葬儀社は徹底した新型コロナウイルス感染拡大防止対策や取り組みを実施されています。

 

たとえば、従業員は全員マスクを着用して対応されており、アルコールなどの除菌剤を使用して消毒をこまめに行っていることやホールや入口などの各所に手指消毒用のアルコール消毒液の設置、定期的な換気などを行われています。また、参列者にもマスクの着用を徹底されている場合や発熱や体調不良のある方は参列を控えるように促されるケースも多いです。定期的に会場内の換気をする、席は間隔を空ける、お茶出しは控えてフリードリンクにするといった対策を採っていることもあります。葬儀は参列者全員参加ですが、火葬場は少人数にする葬儀場もあるようです。

 

■よくある質問

 
コロナ禍ではどうしても普段と異なるため、気になる点もたくさんあるかと思います。ここでは葬儀社などに寄せられるよくある質問を参考にお役立ち情報をいくつか掲載します。

 

◆どれぐらいの会葬者を呼ぶべき?

 

できるだけ感染防止対策の考えから、あまり多くの会葬者を呼ぶにはリスクがあります。県外から訪れる会葬者もいらっしゃるので最小限に抑えましょう。一般的に家族葬は10人から30人程度で行われることが多いですが、これくらいの人数がベストと言えます。


 

親戚の方でも新幹線など公共交通機関を使わないとアクセスが難しい場合や高齢の方には大変感染リスクがありますので控えていただくと良いでしょう。また、もし親しい友人の方は呼びたいという場合であれば、葬儀などとは別に少人数でお別れ会をする、自宅にお線香をあげに来てもらうなどできる限り少人数にしてください。


◆おすすめの葬儀のプランは?

 

おすすめの葬儀プランは、告別式のみを1日で行うことができる一日葬です。遠方からいらっしゃった会葬者もお通夜と合わせると宿泊しなければならなくなるので、できれば1日で終えてリスクを最小限に減らすプランがおすすめです。2日間かけて行う葬儀をたった1日で執り行うため、コストも抑えることができます。ラビューの葬儀プランはこちらからご確認できます。


◆喪主ができることとは?

 

喪主としてもコロナ感染対策のために考慮して、プランを立てていく必要があります。葬儀社スタッフと打ち合わせの段階から必ずマスクを着用して感染対策に努める意識も重要です。また、お通夜や葬儀の際は会食を行うケースが多いですが、マスクを外して複数人で食事を取るという振る舞いはリスクがありますので控えたほうが良いでしょう。

会食は断念するか、通夜の場合、持ち帰り可能な通夜振る舞いを用意できるか葬儀社に相談してみると良いでしょう。県内でも数多くの葬儀社がコロナウイルス対策を行っていますが、それでも参加する方の中には不安に思ってしまう方もいるかもしれません。そのため、参列者の方にあらかじめ状況説明や当日の対策を行っておき、当日も受付の際などに声がけしてもらいましょう。