WEB資料請求で葬儀費用5,000円(税込)割引券進呈!

お葬式の豆知識

静岡で初めて葬儀を行う喪主様へ

静岡で初めて葬儀を行う喪主様へ

静岡で初めて葬儀を行う喪主様へ

喪主とは、葬儀の代表者として故人に代わって弔問を受ける人のことを言います。
大抵喪主は故人の配偶者もしくは長男・長女が務めるということが一般的なので、該当される方は心づもりされている場合も多いと思いますが、それでもいざという時には混乱状態に陥り、冷静な対応や判断ができなくなるという可能性もあるため、以下で紹介する項目についてあらかじめ検討しておきましょう。

どんな葬儀を希望するか?

どんな葬儀にしたいかと家族にはなかなか聞きづらいところもあるでしょう。

ですが今では様々な葬儀の種類があり、希望する葬儀に最適なプランで葬儀を行えるケースも多々あるので、

ご家族がどのくらいの規模の葬儀を思い描いているのか?やお付き合いのあるお寺はいるのか?等それとなくリサーチしておくことをオススメします。

 

また、どのような葬儀を希望するか?決めるためには、どのような葬儀があるのか?ということを知っておく必要があります。

以下のリンクより、イメージしていただけるかと思いますので是非ご覧ください。

家族葬のラビューにおける葬儀プラン一覧はこちら

 

喪主は誰が務めるべき?

冒頭で故人の配偶者もしくは長男・長女が喪主を務めることが一般的とお伝えしましたが、

結論からいうと、喪主は誰が務めても構いません。

慣習に従う場合、血縁者が喪主を務めることが一般的です。また、故人様がエンディングノートや遺言で喪主を指名している場合には、その希望を優先するのがよいでしょう。しかし、法的な拘束力などはないため、やむを得ない事情がある場合は、他の人が喪主を務めても問題はありません。

 

故人様がエンディングノートや遺言で喪主を指名していなかった場合は、故人の配偶者が務めることが一般的です。しかし、配偶者が既に亡くなっている場合や、病気や高齢などにより、喪主を務めるのが困難な場合には、血縁関係の近い方が務めるとよいでしょう。

 

優先順位として、故人の長男、次男以降の直系の男性、長女、長女以降の直系の女性、故人の両親、故人の兄弟姉妹となります。また、故人に血縁関係のある方がいない場合は、友人や知人が務めても問題はありません。

 

喪主は、葬儀の手配・準備を行い、参列者へ気を配らなければなりません。少なからず大変なこともありますので、体力がある方が務めることをお勧めします。また、できるだけ負担をなくすために、静岡の中でも良い葬儀社を選びましょう。

 

喪主の挨拶について

喪主の大きな仕事の一つとして、遺族代表として喪主が挨拶をしなければなりません。挨拶するタイミングとしては、・お通夜の読経の後です。ここでは主にお悔やみに来ていただいた事へのお礼の言葉をお伝えしましょう。

 

一般的な挨拶の内容は

 

・参列していただいた事へのお礼

・故人が生前お世話になった事へのお礼

・故人のエピソード

・今後の遺族への力添えのお願い

 

となります。1分~3分程度を目安にして、長くなり過ぎないようにまとめましょう。「たびたび」や「重ね重ね」といった重ね言葉を使わないように気を付けましょう。また、挨拶の内容については事前に葬儀社のスタッフと相談をすることによって、スムーズに執り行うことが出来ます。

 

静岡で葬儀・葬式なら家族葬のラビュー

上記を踏まえて静岡で葬儀・お葬式をご検討の方は、是非「家族葬のラビュー」にお任せください。
お見積り・資料請求は、全て無料で承っております。葬儀をどのようなスタイル、また雰囲気で行われたいのか等専門スタッフがお伺いし、ご希望のスタイルに合わせてご提案させていただきますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

 

仮会員制度   ラビューの事前相談