WEB資料請求で葬儀費用5,000円(税込)割引券進呈!

お葬式の豆知識

焼津市で終活をお考えの方へ

焼津市で終活をお考えの方へ

焼津市で終活をお考えの方へ

近年、焼津市でも「終活」をされる方が増加傾向にあります。

 

「まだ元気だから考えるのはもう少し先でいいと思う。」というお声を伺うことがありますが、

 

いざというときは案外予想もつかないタイミングで起こり得ります。その際にご家族が混乱状態に陥り、冷静な判断ができずに物事を進めようと思ってもなかなか進められないといったケースも見かけます。

そのため、大切なご家族のためにも生前に終活を行うことをオススメします。

いざ終活を行おうとしても「家族や周囲の人に聞きにくい。」という場合もあります。

今回はそんな方々へ向けて、終活を始めていただきやすいように「終活で行うべき3つのこと」についてご紹介いたします。是非ご参照ください。

 

終活で行うべき3つのこと

 

1.モノを減らす。

 

「身辺整理」という言葉だとなんだか重苦しいので、シンプルに「モノを減らす」でいいです!

大切に長く保管していたものでも、処分に困るものはなるべく今のうちに減らしていきましょう。

 

リサイクルショップに出せそうなもの、処分が大掛かりになりそうなもの、これだけは残しておきたいもの…

少しずつ仕分けをして、なるべくコンパクトに人生の整理整頓を心がけましょう。

 

2.相談できる人を探す。

 

身内と遠く離れていたり、ひとり暮らしの場合は重要です。死人に口なしなのに一体誰に自身の死を伝えればいいのか…そう思ったことありませんか?

 各自治体の制度にもよりますが、民生委員・福祉団体様による定期的な見守りボランティアなどがあります。

夜なのに明かりがついていない・郵便物がたまっている等を外から状況確認したり、ひとり暮らしの方とのお話し相手など、巡回ボランティアをされている方々です。

詳しくは各自治体(市役所・区役所等)にお問い合わせください。

 

 相続・成年後見制度などの法的な相談は司法書士・行政書士さんが専門となります。

 

また、葬儀社にお問い合わせいただいても結構です。

葬儀について専門のスタッフが詳しくご案内いたします。ちなみに、家族葬のラビューでは、生前に入会すれば葬儀費用が割引される会員制度等もご用意しておりますのでお気軽にご相談くださいませ。

 
仮会員制度   ラビューの事前相談
 

 3.エンディングノートを書く。

 

自分の情報を残す「エンディングノート」に必要な情報を記入しましょう。

自分で伝えられる内に書くことは重要です。

せっかく上記1、2の準備まで整っていても、一番肝心な意思が伝わらなかったら悲しいですね。

いざという時の連絡先、延命治療は必要なのか、大切なものは部屋のどこにあるのか、葬儀・納骨などの希望等々、細かく記入して情報を残しておきましょう。

 

全部記入しなくても、自分が書ける範囲のところを書いてください。

 ペンを持って「書く」ことで自身を見つめ直す機会になります。

エンディングノートは生前・死後どちらにも大きく関わるものと言ってもいいでしょう。

 

 家族葬のラビューへ「事前相談」に行ってみましょう

 

シンプルに3つと書いておいて4つ目になりますが、実は上記3項目はすべて家族葬のラビューにご相談いただくと詳しくご案内させていただけます。

実際にご来館いただければ、葬儀会館の見学も行っていただけますし、お見積り・資料のお渡しについても無料で行わせていただきます。

元気なうちに葬儀のことを考えるのはなかなか腰が重い方もいらっしゃるかと思いますが、是非一度お気軽にお問い合わせください。

 
仮会員制度   ラビューの事前相談

 

  • 終活はどんなタイミングで始めると良い?
  • 終活を始めるのに、早すぎることも遅すぎることもありません。 始めて見ようかなと思ったときがベストなタイミングです。 ラビューでは定期的に学習会・見学相談会を開催しています。どんな内容を書いておくと、家族が困らないか相談したいという方は、是非お気軽にご来館ください!
  • エンディングノートとは?
  • エンディングノートとは、自分の事や亡くなった時の希望を家族に対して書き留めるものです。 遺言とは違い、法的な強制力はありません。 身近な人が困らないように、病気や事故にあったときの延命措置や葬儀・お葬式、お墓などさまざまな内容を書いておくと良いです。
  • 終活のメリットは?
  • 最大のメリットは、ご家族の負担を軽減できることです。 エンディングノートにご自身の意思を書いておくと、遺産相続での不要なもめごとをなくすことになりますし、医療・介護、葬儀やお墓のことなどで残された人が悩むことなくスムーズに手続きすることができます。 2つ目は終活でご自身の人生を総括し、先の不安を解消しておくことで、今の生活がより充実したものになります。